立体プリントが可能の3Dプリンター|プリントレボリューション

コストカットを図る

購入するための方法について

案内

リサイクルトナーは、レーザープリンターなどで用いられるインクカートリッジであるトナーの中身を補充したものです。 一般に使われるインクジェットプリンターはインクを吹き付けることで用紙への印刷を行いますが、レーザープリンターは、イメージが帯電された感光体に細かい粒子であるトナーを吸着させ、それを用紙に転写する仕組みとなっています。このためインクジェットプリンターと異なり高速で印刷することが可能ですが、インクジェットプリンターのインクに比べて、そのトナーは非常に大型になっています。そのため純正トナーの場合には交換するだけで2万円ほど掛かり、トナーの中身を補充したリサイクルトナーは、半分または3分の1程度で購入することができます。 リサイクルトナーは、一般に市販されていますし専用メーカーに依頼することでトナーの再充填を行ってくれます。

リサイクルトナーが支持される理由

リサイクルトナーが支持される理由はなんといっても、その価格の安さです。大量に印刷を行う場合にはそれだけのトナーが必要になります。もともとレーザープリンターはランニングコストの安いプリンターですが、さらに費用を抑えることができます。ただしリサイクルトナーを使うデメリットとしては不良率が高く2から3%ほどとなっていますが、一般の製品でも1%前後あるため、純正品を購入したからといってトラブルがお子ならないとは限りません。 またリサイクルトナーを販売しているメーカーの一部では、品質永久保証やプリンタ保障のほか返金保証などを行っているところもあり、トラブルに遭遇しても保証を受けられるので安心して使えるというメリットがあります。